スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シルエットから武器をつくる。

月日がたった時に「ああ、オレこんなふうに仕事してたなぁ」って思い出すためのメモみたいなものですが

「シルエットが良ければ中身がついてくる」
「シルエット大事!」

な考えで「武器」や「不思議なポーズ」をデザインするときに試すイメージです。
武器だけのデザインであればこうやって大体30分から1時間に1デザイン作っていきます。その中でいいのを選びます。

キャラの場合は特に「カットイン」などの動きがあり、かつ「枠」の制約が大きい場合に部分的に使用した入りします。

例えば足の形が、うまく決まらなかったりしたときですね。

例としてこんな流れです。↓

まず大前提として
「キャラに装備する場合は、キャラのことを想う」
「単品の場合は、何のどうしてこの武器が必要なのかを想う」

※「考える」ではなく、もうすこし「ぼんやり」していますが、そのキャラのそばにいるイメージです。
なので「想う」です。
をニヤニヤと行います。

武器とかさっとデザインする

あくまで「ラフ」ですので、この後は、決まればカッキリ線で起こしてゆきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。