シルエットから武器をつくる。

月日がたった時に「ああ、オレこんなふうに仕事してたなぁ」って思い出すためのメモみたいなものですが

「シルエットが良ければ中身がついてくる」
「シルエット大事!」

な考えで「武器」や「不思議なポーズ」をデザインするときに試すイメージです。
武器だけのデザインであればこうやって大体30分から1時間に1デザイン作っていきます。その中でいいのを選びます。

キャラの場合は特に「カットイン」などの動きがあり、かつ「枠」の制約が大きい場合に部分的に使用した入りします。

例えば足の形が、うまく決まらなかったりしたときですね。

例としてこんな流れです。↓

まず大前提として
「キャラに装備する場合は、キャラのことを想う」
「単品の場合は、何のどうしてこの武器が必要なのかを想う」

※「考える」ではなく、もうすこし「ぼんやり」していますが、そのキャラのそばにいるイメージです。
なので「想う」です。
をニヤニヤと行います。

武器とかさっとデザインする

あくまで「ラフ」ですので、この後は、決まればカッキリ線で起こしてゆきます。

なんでも屋ですがデザイナーです。

会社で最近。アートディレクターのお仕事をやっています。

自社スマホアプリのアートディレクターです。

勤め先が、たぶんちょっと変わった会社なので
普通のディレクター職と同じかというと・・・うーん?と言った所ですが(^^)

ビックリマンひかり伝シリーズで、体に取り込んだ私の「ディフォルメ」感を生かした形のキャラクターデザイン

これを持った2Dの王道スマホRPGという類のものです。絶賛運営中になります!

全てのキャラクターのデザインをやっているわけではありませんが私の采配らしい、イメージに仕上がっています。

ワガママを聞いてもらって、手伝って頂いているスタッフみんなに感謝です。

実際、本当に良い機会にも恵まれて
「自分でプランニングしてデザインしたキャラ」
を仕上げてもらい
「自分でプランニングしたアニメーション」
を自分で付ける
「自分でプランニングしたセリフ」
を設定して
「自分でプランニングしたイベント」
で活躍させる!!

と幅広くやらせてもらっています。
まぁプラスαでウェブページや広告データとかも作りながら、UIだっていじります。

なんでも屋ですねw

もともと、勤め先は「モバイルアプリケーション」を携帯電話が出た初期のころから作っていた老舗受託会社。
一本のアプリは「デザイナー」&「プログラマー」という二人態勢(どちらか、または両方でプランナー兼務)でつくるという文化を持っていました。

当時は、規模も容量も大きくなかったので、そんな区分けで1週間に1本くらいのペースでアプリを作っては納品、作っては納品と・・・。

その感覚で作っているので、幅広く色々なことをやることに抵抗はないのです。

今のスマホアプリでも、こんな「盛りに盛った」仕事の形になってしまっているのです。良いのか悪いのかww

1人が関われること、できることに限界はありますから、もっとうまく分担とか、立ちまわるとかしないといけませんね。

ただ、夢であった

「自分の作った遊園地のような世界で、いろんな人に楽しんでもらいたい!」

というぼやーンとしたそれが、少し形になった今。
嬉しさを感じる余裕もないスケジュールですが
あの頃の僕は、きっと喜んでくれるにちがいない。

ブログ広告を消すためにアップデートです。

僕にとって・・・ブログってなかなか続かないww

管理するものが多すぎるのは問題だ。
会社の仕事でもそうですけど、必ず何かを切る必要がある。

24時間のうち、6時間はねて、2時間はあさよるひるめし
色々ってせいぜい使えて

14時間。

会社の仕事にお絵描きや同人活動。
外注仕事と、ストレス発散にちょっとゲーム。
メインであるツイッターやって・・・

ああ・・・ムリムリ。

でも、何となく好きなことをズラズラかける場所として
残しておくのもいいかもしれない。

こっそりチビチビ。自分の大したことない思想や
お仕事のコツとかをメモるような。
そんな場所。

というわけで
そんなに更新されるわけでは無いですが
広告を消そう!って意味で適度に更新くらいはできるようにしたいなぁ。